読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君がくれた笑顔で笑いたい

本当のキミを知りたいの キラキラで目が眩むけど

30代エイターのジャニヲタになったきっかけ。

いつもブログやTwitterを拝見しているあややさんがステキなお題を作って下さったので、便乗したいと思います。
流行りには乗っていくよ!!

お題「ジャニヲタになったきっかけ」

とは言ったものの、はっきりしたきっかけが全然思い出せない。
今では遠い過去だから…というわけでもなく、自分をジャニヲタだと自覚した初期からそうだったので、いつもヲタ友への説明がいつもぼんやりした感じになってしまう。

せっかくの機会なので、ちょっと細かく自分史を確認してみました。
詳しく書くととてつもなく長くなるので、ざっくりした感じで振り返ってみます。


・「ジャニーズファン」期

物心ついて、最初に好きになったジャニーズすら全然はっきりしません。
なぜなら我が家には男闘呼組光GENJIのCDが両方ともあったから。
世代がバレる…
とにかく同時期に活動していた2組を両方とも買っていたようです。
当時はジャニーズなんて意識はもちろんなし。
親がジャニヲタだったわけでもないので、多分学校でワイワイしてるレベル+CD購入という程度だったのかなと。
ちなみに、光GENJIでは光派(トニセンみたいな年上組)、男闘呼組では岡本くんが好きでした。
岡本くん好きで好きで、下敷きとかに切り抜きはさんでたよ、確か。

その後、SMAPのレギュラー番組が決まり露出が多少増えだした時期にSMAPへ。
担降りとかっていう意識もなければ言葉も知らない、ライトな感じ。
ここで初めてFCに入会するものの、コンサートに行くという意識が全く無く、完全にお茶の間で満足。
当時「桜っ子クラブ」「愛ラブSMAP」「夢がMORIMORI」を観るか、持っているVHS(!)のコンサート映像やSMAP主演の映画を観るかみたいな、現場に行ってない事以外は今とさして変わらない生活だった気がします。
「桜っ子クラブ」は確か西武園ゆうえんちで収録してたなぁと思い、詳細調べてみたら、TOKIOも出てたらしい事実を知り、驚愕。
さっぱり覚えてないなぁ。どんな感じで出てたんだろう??
今思うと女性アイドルとジャニーズが共演というすごい番組。
でもそのおかげで、さくら組目当てで見てた学校の男子と、週明け(放送が土曜の午後だった)に「観た??」って話すの楽しかった記憶が。
この頃はとにかく木村くんが大好きで(キムタクなんて呼び名は無かった!)、部屋の天井にポスター貼ってました。
忘れもしない、紫をバックにワンレンな木村くんが微笑んでるヤツ!!


・「ジャニーズお休み」期

高校入ってしばらくはSMAPファンを公言してた記憶があるのですが、怒涛のV系ブームが来て、これにもれなく巻き込まれたあたしはLUNA SEAにガッツリなV系女子となります。
そのまま、バンドにハマり音楽雑誌を買い漁るように…。
おかげで黄金期といわれるタッキーを筆頭とした素晴らしいメンツのJr.時代はジャニーズとは遠くかけ離れて過ごします。
その後、高校から大学時代は渋谷系、20代半ばからはお笑いと邦楽ロックに青春を捧げた為、もうジャニーズに手を出すことなくリア充ライフを満喫できるかのように思えたのですが…。


・「嵐!!」期

上にも書きましたが、ココに至る明確なきっかけはありません。
友達に勧められたとかでもナシ。
ただ、コレ書いてて思い出したのが、お笑い追っかけてた時に好きだったのが演劇寄りのグループだったので、元々好きになる要素があった演劇沼に足を踏み入れたのですが(もちろん今でも好き)、その当時フジの深夜でやってたのが「演技者」。
あの頃、舞台メインで活動してる役者さんの芝居や、小劇団の作品をTVで見れる数少ない機会だったので、かなり熱心に見てた記憶があって。
多分この番組を観てたのがジャニヲタへの助走としては大きい気がする。

それと同時期に、深夜の嵐のバラエティをちょこちょこチェックするようになって、
TV点けてやってたら見る

何となく曜日と時間確認して、習慣的に見る

見逃したくないから、録画し始める
他の嵐の番組もチェックし始める

その録画を繰り返して見るようになる

と、徐々に、緩やかに嵐にハマった気がします。
だから、これ!!っていうわかりやすさが無い…。
恐らく、まごまごと宿題くんが大きなきっかけだと思います。
もちろんその前にのんびりお茶の間してましたが、「もうちょっと早くハマってれば、アラアジの初回版買えたのに…!!」と思ったのははっきり覚えているので、2007年の夏頃には過去のモノを色々集め出してたのではないかと。

この時に、本当にガッツリ、ファンではなくジャニヲタへの一歩を踏み出したと思います…。
でも、既にいいオトナだったので「なぜよりによってここに来てジャニーズ…」って自問自答したのを憶えてます。
周りにハマってる人がいたとかではなかったから、余計そう思ったのかも…。


・「エイター」期

嵐からエイトに降りたのは、はっきりと明確なきっかけがあります。
だから、個人的な印象では、ジャニヲタになったきっかけを語るには、この時期の事の方が喋りやすい。

当時、嵐は国立の公演をやるようになっていて、以前に比べるとだいぶチケットも倍率が上がってるんだろうなぁという感覚がある頃でした。
そんな時に友人数名と協力して申し込んだツアーのチケットが初めて全滅して、かなりのショックを受け、ツアー用に残しておいた予算の使い道をどうしようかと迷っていて思い出したのが「関ジャニのアルバム、あおいちゃん好きだと思うよ」という掛け持ちの友人の言葉でした。
しかも友人はあたしの映像の好みも知っていたので、「ちょっと高いけど、通常版ではなく、初回版を入手すべき!!」と言われていたので、この予算に余裕のある時に買ってみようかなーと気軽に購入。
すると初回盤のDVDにはスーツで華麗にアクションしたかと思いきや、ちいちゃい子供に振り回されるイケメン7人…!!
ヤバイ、すっごい好きなヤツだ…。
しかも曲もバンド色強くてカッコいい!!
関ジャニ∞ってこんなのも出来るんだ…。
それが「∞UPPERS」だったのでした。

そこから大人の財力で2~3ヶ月のうちに過去のリリースモノや諸々を買い漁り、友人のおかげで降りてすぐだったFIGHTコン名古屋公演に遠征し、転げ落ちるようにエイトの沼に…。
そして嵐担の時より現場に通うエイターになってしまいました。


この記事を書く為に、自分のハマってきたモノを列挙して時系列に並べたら、色々思い出してちょっと胸が熱くなりました笑
忘れてた事とかも色々思い出して、楽しかったー。
趣味に絞った自分年表作ってみたいかも。